日本でも様々な形で簡単に手に入るようになったアロマオイル。しかしアロマオイルは体に使用するものなので、きちんと管理された専門店から購入するのがおすすめ!「Perfumerhouse」の香りのプロ=調香師が品質にこだわった高品質アロマオイルを紹介



フランス・ドイツなどの海外ではアロマオイルは医薬品と同じ

実はアロマオイルは奥が深く歴史も長い。「アロマテラピー」という言葉自体は1930年代にフランスで誕生したが植物や芳香物質の使用は太古の昔から行われていた。使い方さえきちんと覚えれば誰でも簡単に扱えるが(要資格の場合もある)フランスやドイツなどの海外では「薬」同様として薬局で取り扱かわれている。特にフランスでは皮膚の塗布薬や内服薬など医療の分野で利用されている。

高品質できちんと管理されたアロマオイルを選ぶ

先に書いたように海外ではアロマオイルは薬同様の扱いになっているが日本ではまだまだ認知も低く本場フランスやドイツなどとのアロマオイルに対する意識も違っている。日本では100円ショップや雑貨店などで手ごろな値段で購入することもできる。それらの商品全部が決して良くないものと言っているわけではないがアロマオイルの選び方も大切。安価な物の中には100%純粋な物は少なく、石油由来の合成成分を混ぜていたりアルコール等で薄めるなど、また似たような香りの安価な精油を混ぜることもある。しかし「アロマオイル風」など完全ではないことをきちんと表示していれば日本では販売することができるので購入時には成分表などのチェックが大切。

実は私自身もアロマオイル(精油)に興味がありアロマテラピー検定1級を過去に取得した。アロマオイルに関する本を数冊読み学んだことから、アロマオイルは体に使用するもの。新鮮で安全、100%純粋できちんと管理された高品質なものを選ぶことが大事だと思う。



「Perfumerhouse」のアロマオイル

「Perfumerhouse」パフューマ―ハウスは調香師(パフューマ―)がアロマオイルを厳選し高品質なアロマオイルを販売するアロマオイルの専門店。特に品質へのこだわりが他とは違い素晴らしい

<「Perfumerhouse」のこだわり>

・アロマオイルのプロ「調香師」が様々なチェックをしそれをクリアしたものだけをフランスから輸入

・合成香料、保存料などは一切使わず100%純粋な物だけを販売

・フランス精油メーカー数社とパートナーシップを組み、生産者に対し栽培方法、抽出方法、保管方法などの厳しい監視をしている

・アロマオイルの酸化(柑橘類は2週間ほどで酸化)品質の劣化を防ぐため店頭での販売は一切していない。注文がきてからボトリングをしている。

私たち消費者への保管方法も記載されていて安心。アロマオイルの品質や香りにこだわっており、品質を保つために様々な工夫をしている。リピーターも多く中には10年以上も利用されている方もいる。

アロマオイル初心者でも季節や目的別でオイルを選べるのでわかりやすい

PerfumerhouseのHP内ではアロマオイルを使うのが初めての方でも購入しやすいように各アロマオイルに目的別に書かれた表が記載されている

リラックス、リフレッシュ、ゆっくり寝むりたい、集中したい、イライラするなど気分や目的別で選べたり、香りで選ぶ、またどれを購入するか、プレゼントなどに悩んでいるなら定番人気商品も紹介しているので迷っていても選びやすい(#^.^#)

精油だけで作った香水も人気!

市販の香水は合成品で作られている物が多いが、Perfumerhouseの香水は精油だけで作った自然だけの香水 品質にも自信があるので肌にも安心して使える。何といっても合成の香水では出せない自然の香りが人気の理由!

品質の良い新鮮な香りのアロマオイルを普段の生活に取り入れてみては?

perfumerhousueのアロマオイルで香りのあるステキな暮らしを✨